ペットちゃんの手作りご飯③ ~タンパク質~


おはようございます  

ペットライフカウンセラーの安東美由紀です。  

 

今日は、ペットちゃんの手作りご飯を作るうえで、

ぜひ知っておいて頂きたい五大栄養素のうちの

「タンパク質」についてのお話です。  

 

タンパク質は、ワンちゃん・ネコちゃんにとって重要なエネルギー源!  

・内臓

・骨

・筋肉

・皮膚

・被毛

・爪

・メンタル  

 

これらを構成するほか、ホルモンや酵素の材料になるなど・・・

生きていくためには欠かせない栄養素なんです。  

 

タンパク質は、大きく2つに分けられます。  

 

〇 動物性タンパク質

・ 肉類(鶏肉、豚肉、牛肉、馬肉、羊肉など)

・ 魚介類(サンマ、カツオ、まぐろ、あさりなど)

・ 乳製品(チーズ・牛乳・ヨーグルトなど)  

 

〇 植物性タンパク質

・ 米

・ 小麦粉

・ トウモロコシ

・ 豆類(大豆、豆腐、おから、納豆など)

・ 芋類(ジャガイモ、サトイモ、サツマイモなど)

 

 

ンパク質は原材料そのものよりも、加工されたものの方が消化されやすく

大豆よりもお豆腐の方が、よりタンパク質として消化・吸収されやすくなっています。  

 

日頃のご飯のトッピングというと、お肉やお魚が多いと思いますが、

免疫力を高めてくれる大豆製品、お豆腐や湯通しした厚揚げなどもお勧めです。

ぜひ小さく切ってあげてください。

image

煮込んだ場合は、温度にも氣をつけてあげてくださいね。  

 

大豆製品の中でも、特に納豆は優秀な健康食品!

image

疲労回復に効果的なカルシウム・ビタミンB1・鉄分など・・・

カラダに必要な栄養素がバランスよく豊富に含まれています。

 

大豆やお豆腐に比べると、発酵することで栄養素の質を高め、

吸収を良くし、体への効能も高めてくれます。

 

さらに腸内細菌のバランスも整えてくれるんです(^^)/

 

冷蔵庫から出してすぐにあげるのではなく、常温に戻してからがおススメです。

食べる15分前ぐらいに冷蔵庫から出しておくと、発酵が進みますよ~。

 

そして納豆をあげるときの注意点ですが、加熱はしないでください

 

血液をサラサラにしてくれる成分、またはガン抑制効果のあるのナットウキナーゼ。

このナットウキナーゼは納豆にしかない酵素で、 血液中の血栓を出来にくくする

作用がありますが、 その作用はすべての食品の中でもトップクラス。

 

血流がスムーズだと脳卒中や心筋梗塞の予防になるほか、

皮膚にも栄養が届きますので、自然と被毛も健康になっていきますね。  

 

しかしこのナットウキナーゼは非常に熱に弱いんです。

 

ナットウキナーゼの効果は70℃で失われるといわれていますので、

できるだけ生であげてください。  

 

そしてナットウキナーゼをダイレクトに吸収するには、

できるだけ粘らせるのがおススメです。

image

周りが汚れてしまうのが氣になるかたは、たっぷりと粘らせた納豆を

葉物野菜や海苔などで包んであげてください。  

 

免疫力アップ・血栓症の予防のためにも、 ぜひシニアのワンちゃんネコちゃんにも

積極的に食べさせてあげてください(*^^)v    

 

          

ブログランキングに参加しています

みなさまのポチッがとても励みになりますo(^-^)o

いつも応援ありがとうございます

Facebook Comments