ペットじゃありません!ルフですけど?なにか?


おはようございます。

トレジャーサーチナビゲーターの安東美由紀です。

 

先日のトレジャーサーチナビゲーター養成講座の時。

『ルフをペットと言われたりと言われるのがイヤだった』という体験談をお話していました。

その後、勤務先の近くの動物病院のA先生も交えて更に熱いトークを交わしたんです。

テーマは「ペット」という呼び名について!

 

私たちが生活を共にする動物さんを「ペット」と呼ぶことが多いですね。

でもこれ・・・抵抗があったんですね。

 

例えば、ルフのこと。

image

ドッグランの表に「ポメ」なんて書いてあるとムッカ~~(≧ヘ≦ )

『あれ?今日はペットはお留守番?』なんて言われると

『ペットじゃありません。ルフですけど!』なんて・・・(笑)

 

『えっ?』とびっくりされるその方に

『ペットじゃありません。ルフですけど?なにか?』と更に協調!

 

それはもう!とても敏感に反応していました。

 

そんなお話をしたら、

A先生『ボクも嫌いなんだよ~。ペットっていう言い方』

院長『ペットっていうとさ~、人ばかりが偉そうじゃない』

私『存在を軽視しているようなイメージなんだよね。

所有物じゃないんだから・・・家族だもんね』

  

『そうそうそう~』←みんなで同意。

 

その後、どんどんと盛り上がる私たち。

話をしてみたら、先生たちも抵抗があったことを知ったのです。  

 

獣医学の本でも「伴侶動物」と書かれているのをよく眼にします。

そしてペットという言い方が嫌いで、これまでもさまざまな呼び方を

見たり使ってきました。

コンパニオンアニマル・パートナーアニマル、愛玩動物・・・etc.

 

でも実は『ペット』という言葉には、

さまざまな意味が込められていることが分かったんです(*^-^*)

 

〇 親愛なる

〇 かわいい

〇 小さい

〇 特別な

〇 大切な

〇 愛情のこもった

 

イメージって不思議ですね。

ペットという言葉には、どの意味にも心がほんわかするものばかり♡

その言葉にどんなイメージを感じるかで、使い方も受け取り方も全然違ってくるものなんですね・・・

 

ペットという言葉、以前はとても抵抗がありましたが、最近は意識して使っています(^^)/

 

==================================================

 

8月28日 新宿区市谷にて開催のイベントに出展いたします。

・アニマルコミュニケーション

・アニマルヒーリング

・飼い主様のためのカウンセリング

・九星氣学鑑定

・風水鑑定

 

イベント特別価格にて体験できます!

詳細はこちら>>http://animalhealing.jp/petnatura/

 

 

ブログランキングに参加しています

みなさまのポチッがとても励みになりますo(^-^)o

いつも応援ありがとうございます

Facebook Comments