ヒーリングってなんだろう?


おはようございます。

ペットライフ・カウンセラーの安東美由紀です。 

昨日の続きです。

 

私がモヤモヤしたのは「ヒーリングってなんだろう?」ということでした。

 

最初のペットロスお話会に参加をしたときに、ご住職はこうおっしゃいました。

『たまに“私が助けてあげた”という医師がいるけれど、そうではないんですね。

この世に生を受けるものは、最初から産まれる日も死ぬ日も、その本人が決めてきています。

そうして寿命を全うするのです。

ですから、どんな行為も助けてあげたではなく、その生に関わらせていただいたということになるのです。

寿命というのは、命の寿(ことぶき)と書きます。そして天寿も天の寿(ことぶき)。

私たちの命というものは、誰がどうしたからどうなるものではなく、天から頂く寿(ことぶき)なのですよ』

 

・・・と。

 

もしそうなら、ヒーリングはただの自己満足ではないか? 

 

そんなことを感じてしまったんですね。

 

でも実際、ルフにヒーリングをしていたときに、目に見えて効果はありました。

 

1度、お尻のところに出来たシコリを手術したことがありました。

その時は良性のものだったけれど、いずれ悪性化するかも知れない。

取るなら小さいうちがいい・・・と言われて取ったのですが、

3年してまた似たようなところにシコリが出来たんですね。

 

その時はもう手術は受けたくなかったので、ヒーリングで対応していくことにしました。

すると、それはだんだんと小さくなって、結局無くなったんです。

 

他にも、胆泥症や心雑音も改善されていきました。

ご依頼いただいた時にも、たくさんの改善を伝えて頂きました。

 

そしてルフのターミナル期。

最初の異変から再び眼を開けてくれたルフ。そこから受けたヒーリングで、

沢山のメッセージをルフからもらいました。

そして多くの方々がルフと私にヒーリングをしてくださいました。

あんな状態から、よくここまで・・・と言われるほどに、ルフの様子は日に日に快復したようにも

見えていました。

 

そのことを思うと、あの時、みなさんからヒーリングしていただいたから、ルフも頑張った。

そして私も頑張れた・・・と思えてならないんですね。

 

そしてハルさんの

『この疾患を抱えて、よくここまで長生きしました。大切にされたんですね。』

というメッセージ。

 

さまざまなことを思い出すと、ヒーリングってなんですか?という気持ちが湧いてきたのです。

 

それをトレジャーサーチナビゲーターの石坂典子先生に、そのまま伝えました。

 

すると、典子先生はすぐにこう答えてくださったのです。

『ヒーリングではなくて、祈りだとしたらどう思う?』

・・・と。

 

 

祈りの力はすでに科学で証明されていますね。

海外の研究によって沢山の実績が確認されていて、医療現場でも注目を浴びています。

 

『なるほど~。祈りですか!!それなら分かります(^^)/』

 

それまでしばらくモヤモヤしていたので、とても清々しい氣持ちになりました。

 

『そうしたらよくここまで長生きした!と言われたのは、そういうことなんですね』

と話す私に、典子先生も

『ルフちゃんは、よほど美由紀さんと一緒にいてあげたかったのね・・・』と伝えてくださいました。

 

そうして、思いがけず出てきたルフロスは、すっかり解消されました。

 

もう一つ、石坂典子先生に外していただいた、大きなストッパーがありました。

実はその時にも『ルフちゃんがいなかったら、その時の美由紀さんはどうなっていたでしょうね』と言われたほど(;^_^A

 

続きはまた明日まとめたいと思います。

 

 

ブログランキングに参加しています

みなさまのポチッがとても励みになりますo(^-^)o

いつも応援ありがとうございます

 

 

————————————————————-

お気軽にお友達申請してください(^^)/

リクエストお待ちしております。

https://www.facebook.com/miyuki.ando.0204

————————————————————-

Facebook Comments