ペットちゃんの手作りご飯①


こんにちは

ペットライフカウンセラーの安東美由紀です。

 

最近は手作りご飯を楽しんでいらっしゃる方も多いですね。

 

私がルフに手作りご飯を始めたのは、ルフが9歳の時。

それまでもフードにお魚やお肉や野菜などのトッピングをしていましたが、

肝臓の数値に少し不安があったことをきっかけに、手作りご飯に変えました。

DSCF1385

最初は『栄養バランスが心配~!』なんて思っていましたが、

そんなに神経質になる必要もないんですね。

 

そもそも私たちも、日々の食事にそんなに神経質にはなっていません。

 

意識していたのは4kgという小さいカラダに、少量でもいかに栄養がとれるかということ。

 自然と旬のお魚・お野菜への関心が高まっていきました。

 

旬のものは特に、その季節にあった栄養を蓄えてくれています。

 

それを摂取することで、ワンちゃんやネコちゃんのカラダも

その時に必要な栄養をいっぱい吸収していきます。

オーガニックはさらに安心ですね。

 

『肝臓のケアには、お野菜の比率の高いご飯を!』というアドバイスも受けて

積極的にいろいろなお野菜を選んでいきました。

 

ルフのために・・・と選ぶ食材ですが、どうしてもルフだけでは食べきれないので、

自然と私の食事も同じようなものに! ^^

 

とてもよい相乗効果で、私もすっかり風邪もひかない健康体になっていきました。

 

大切なペットちゃんのために手作りご飯を作るにあたって、一番意識して頂きたいのは、

決してイライラしたり気分が落ち込んでいるときには作らないこと。

 

エネルギー的な意味合いでもそうですが、実際に味、全然違うんです。

 

美味しくな~れ!と感じながら意識して氣持ちにゆとりを持つことも大切ですね。

 

私も毎日ばたばたしていましたが、ご飯を作る時だけは

美味しそうに食べるルフの顔を楽しみにしながらキッチンに向かっていました。

それが貴重なリラックスタイムになっていたように感じています。

 

今すでに手作りご飯を楽しんでいらっしゃる方。

これから初めてみようかな~?と思っていらっしゃる方。

 

そんなに神経質にならなくてもいいですよ。とは言っても

やはり必要な栄養素を知っておくと安心ですね。

 

一時期、オリジナルペットフードの人気が高まったとき。

必要な栄養素が不足していることで、体調不良を訴えるペットちゃんも

少なくありませんでした。

 

これから少しずつペットちゃんに必要な栄養についてまとめていきたいと思いますので、

ぜひ参考にしてください。

Facebook Comments