ペット

どれぐらい聴こえるの?

ワンちゃんやネコちゃんを見ていると、何も聴こえないところで、

何やら耳を澄ましているような仕草に氣づくことがありませんか?

 

玄関に向かってじ~~っとしていたり・・・

何の音もしていないのに、首を傾げたり耳をぴくぴくしていたり・・・

 

私が動物病院で勤務中、パートナーアニマルのルフも、壁に向かってじーーっと

何かを考えているような素振りをよくしていました。

『ルフ、どうした? 宇宙と交信中か?』

なんて、院長がよく話しかけていたっけ(笑)

続きを読む

カラダをプルプル~とするときは・・・?

おはようございます。

ワンちゃんが全身をプルプルプル~~と振る仕草がありますよね。

??????????????????????????????? 

これは“緊張をほぐすとき” や “気持ちをリセットするとき” にしている事が多いのですが、

もう一つ、この仕草から伝わることがあるんです!

続きを読む

抱っこする時は、ここに注意!

動物病院に来院される方のご相談で、

抱っこすると痛がる、キャンッて鳴いた 

というものがあります。

 

実際にどこかを患っていて痛がっている場合もありますが、

飼い主さんの抱っこの仕方を注意していただくだけで、大丈夫な場合も多いんですよね。

 

まず、ワンちゃんには私たちヒトと同じような鎖骨がありません。

前足と胴体は“前肢帯筋”という強い筋肉で繋がっています。

続きを読む

「飲み薬」を上手にあげるコツ

ペットちゃんへのお薬。

上手に飲ませられていますか?

 

そのまま飲んでくれる。または口をあけて中に入れたり、

ご飯に混ぜたら、そのまま食べてくれるペットちゃんは何も問題ありません。

でも、それでは難しい場合が多いですね。

 

今日は、ペットちゃんへのお薬の飲ませ方について書きたいと思います。

続きを読む

ネコちゃんが痛いときのサイン

おはようございます。

今日は、ネコちゃんの痛い時のしぐさをまとめてみました。

 

まずは、ネコちゃんの表情を見てあげてください。

ネコちゃんの右眼と左眼。

cat0070-066

続きを読む

ワンちゃんが痛いときのサイン

おはようございます。

昨日の続きです。

 

ワンちゃんもネコちゃんも私たちと同様に、痛いものは痛い!!

だけど、そのサインを私たちが見逃してしまっているんですよね。

 

は、痛い時にはどんな仕草になるのか?どんな様子になるのか?
まずは、ワンちゃんの場合をまとめてみました。
ぜひ以下のことを参考に、痛みのサインに気付いてあげてください。

続きを読む

仔犬は痛くない??

おはようございます。

私が動物看護師の学校に通っていた頃のお話です。

 

当時、動物病院の実習でとても衝撃的なことがありました。

その日はヨークシャーテリアの断尾手術があったんです。

 

みなさんがご存知のヨークシャーテリアといえば、

シッポが丸っこくて短いと思いますが、あれは仔犬の頃に

手術でシッポを切ってしまっているからなんですよね。

続きを読む

寄生のピーク! ノミは、こうしてチェック

この時期、ノミによる皮膚炎や駆除・予防の相談が多くあります。

ノミは他のワンちゃん・ネコちゃんに接触した場合だけに限らず、

お散歩中の環境でも、あちこちに潜んでいます。

 

完全な室内生活でも、飼い主さまがノミを持ち帰ることもあり、

いつペットちゃんの身体からノミを見つけても不思議ではありません。

続きを読む

まだまだ油断禁物 ~熱中症~

おはようございます。

立秋が過ぎて、少しは暑さもやわらいだかなぁ~と思っていましたが、

まだまだ暑さや蒸し蒸しの厳しい毎日が続いています。

 

引き続き、ペットちゃんへの熱中症にはお氣をつけください。

IMG_3187

続きを読む

“水分” は、どれぐらい飲ませたらいいの?

おはようございます。

昨日、脱水症状を起こさないように、

『ペットちゃんへの水分補給を積極的にしてあげてください』

と書きました。

 

「積極的にって?」「実際にはどれぐらいが理想的なの?」

と思われた方もいらっしゃると思います。

 

目安がないと難しいですね。

続きを読む